階段一筋70年専門メーカー監修【鉄骨階段Museum】 » 階段専門メーカーが教える 注文住宅における階段の知識と流行 » 階段設置のよくある失敗例を紹介

階段設置のよくある失敗例を紹介

更新日:2022/10/18
目次
Table of Contents

家づくりで意外に悩んでしまうのが、階段を設置する場所です。

階段をどこに配置するかによって間取りがガラッと変わる上、生活動線にも大きな影響を与えてしまいます。

ここでは、階段の間取りでありがちな失敗事例をご紹介。快適で暮らしやすい階段の間取りについて考察します。

Central

家の中央に階段がある
メリット/デメリット

家の中心付近に階段を設置することで、2階の各部屋へ行く動線を短くすることができます。

また、2階の廊下を少なくできる上、ムダなスペースが少なく、コストパフォーマンスの高い家を作ることが可能です。

リビングは家の中心付近に配置されることが多いため、最近では、リビングに階段を設置する家が多いようです。

リビング階段には、2階に行くために必ずリビングを通ることになるので、家族とコミュニケーションが取りやすくなるというメリットがあります。

一方で、①冷暖房が効きにくく、光熱費がかさむ、②テレビの音が上階に筒抜けになってしまうことも、③キッチンやリビングで肉や魚を焼いた臭いが上階に広がる、といったデメリットもあります。

中には、「デザインにこだわりすぎてコスト増になった」といった失敗例もあるようです。

この辺りも考えた上で、建設会社や階段メーカーにリクエストしていきましょう。

Corner

家の隅っこに階段がある
メリット/デメリット

従来の階段は、廊下や玄関ホールなどに設けられるものでした。

玄関から入ってすぐに2階に上がれますし、建物の隅に踊り場のある折り返し階段を設ければ、空間を邪魔しないなどメリットがあります。

リビングと階段を明確に分けることで、部屋の冷暖房効率が上がりますし、臭いや音の問題が起きにくくなるでしょう。

また、2階にリビングなど生活空間を配置している家は、エントランスに階段を設置することで、無駄なく空間を利用することが可能です。

一方で、「玄関に階段を作ったら、子どもたちの出入りが把握できなくなった」「階段に窓がなく、全体的に薄暗い」といったデメリット・失敗例もあるようです。

Trend

「2階リビング」流行の兆し!?

「2階リビング」流行の兆し!?

都会など住宅が密集しがちなエリアを中心に、2階リビングの住宅が増えています。

2階リビングとは、文字通り、リビングが2階にある間取りのこと。

従来は、1階にリビングを配置し、2階に寝室や子ども部屋などを設けるのが一般的でしたが、「光を取り込みやすい」「プライバシーを確保しやすい」といった理由で、2階リビングを採用する家庭が増えているのです。

2階リビングの家では、階段の昇り降りが増えるため、階段の設置場所や階段自体に工夫をするのがおすすめです。

傾斜を緩くすることで昇り降りの負担を軽くしたり、玄関と2階キッチンを結ぶ形で階段を設置し、動線を短くしたりすることで、ぐっと生活しやすくなります。

当サイトの事例ご提供に協力してくださった、鉄骨階段専門のメーカーの横森製作所に、このほかどんなところに階段の設置希望があるか聞いてみました。

from Specialist
横森製作所より
ビルトインガレージ階段が流行の兆し!?

趣味の空間のアイテムのひとつとして、ビルトインガレージに設置した例がありました。問い合わせも少し増えている印象です。

ガレージに階段、車が趣味の人にはたまりませんね。当サイト【鉄骨階段Museum】では、他にも多くの階段事例を掲載していますので、ぜひ家づくりのヒントにしてください。

Enjoy!
心躍る、気持ちアガる 
その他の階段施工例・事例ギャラリー
Cooperation
取材協力
取材協力 取材協力
階段一筋70年
日本の高層ビル8割の階段を手掛ける
横森製作所

世界的にも珍しい鉄骨階段専門のメーカーとして、200メートルを超える日本の高層ビルの約8割(TOP50のうち41)で階段が採用される(※)など、階段の品質を高く評価されています。
その技術を住宅用にもいかんなく発揮し、デザイン性・耐久性に優れたフリーカスタマイズインテリア階段「システア」が開発されました。
階段の設置だけではなく、図面の正確性、階段設置における注意点など、使う人のことを考えた提案が多くの設計士・メーカーに愛されています。 ※参照元:横森製作所(https://www.yokomori.co.jp/about/)2022年4月11日調査時点

よく見られているページ
About this Media
鉄骨階段Museum
について

「そこにない未来を創る」をビジョンにIT事業と語学事業の提供を通じて、異なる文化や言語を持つたくさんの“人と人との出会いの場”を創出している全研本社株式会社。
その中の「レジデンス編集チーム」では、注文住宅をはじめ、皆さんの理想の暮らし・住まいを実現するためのコンテンツを多数手がけています。
「鉄骨階段Museum」では、部屋をつなぐだけではない、新たな階段の魅力を発見できるメディアとして、皆さんの暮らしに、彩りを添えられたらと思っております。