階段一筋70年専門メーカー監修【鉄骨階段Museum】 » 心躍る、気持ちアガる階段施工例・事例ギャラリー » 華奢な手すりのスチール階段

華奢な手すりのスチール階段

更新日:2022/10/18
目次
Table of Contents
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段
Delicate

細いスチールがどんな雰囲気にもマッチ

ステップダウンの居間空間が広がる1階や、大空間が広がる2階リビング、日本家屋の概念を採り入れた3階と、フロアごとに異なるコンセプトを実現している邸宅です。

空間に合わせてインテリアを変えれば、個々のスタイルも家族の時間も楽しめそう。

各階をつなぐ階段にはスチールを採用し、細く、華奢な手すりが、空間を邪魔することなく、階によって異なるコンセプトとも調和しています。

華奢な手すりのスチール階段
華奢な手すりのスチール階段

階段メーカーからのコメント

from Specialist
横森製作所より
意匠の細部にまでこだわった階段

大開口部へゆとりのある階段幅で2層分設置いただいており、鉄骨階段として存在感がアピールできる空間となっております。

階段は錆止めにて納入していますが、手すりは焼付塗装希望があり後日取付けとしました。

ササラ桁(階段の段部を支える梁)部分にボルトを出したくないのと木踏板と高さ内に鉄部下地材を収めたいとの要望があり、溶接階段での製作となりました。

手すり意匠についてはササラ桁との隙間をなるべく小さくしたいとの要望がありましたので、ササラ桁と下桟部分がササラ桁平行で重なるような設計に。

製作時にササラ桁と手すりの勾配に誤差が無いよう製作しております。

弊社の階段ラインナップではなく特注品ですが、似た雰囲気を再現したいなど、ぜひご相談いただければと思います。

この階段が見られる展示場

トヨタホーム 藤沢展示場

展示場の公式サイトへ

Cooperation
取材協力
取材協力 取材協力
階段一筋70年
日本の高層ビル8割の階段を手掛ける
横森製作所

世界的にも珍しい鉄骨階段専門のメーカーとして、200メートルを超える日本の高層ビルの約8割(TOP50のうち41)で階段が採用される(※)など、階段の品質を高く評価されています。
その技術を住宅用にもいかんなく発揮し、デザイン性・耐久性に優れたフリーカスタマイズインテリア階段「システア」が開発されました。
階段の設置だけではなく、図面の正確性、階段設置における注意点など、使う人のことを考えた提案が多くの設計士・メーカーに愛されています。 ※参照元:横森製作所(https://www.yokomori.co.jp/about/)2022年4月11日調査時点

よく見られているページ
About this Media
鉄骨階段Museum
について

「そこにない未来を創る」をビジョンにIT事業と語学事業の提供を通じて、異なる文化や言語を持つたくさんの“人と人との出会いの場”を創出している全研本社株式会社。
その中の「レジデンス編集チーム」では、注文住宅をはじめ、皆さんの理想の暮らし・住まいを実現するためのコンテンツを多数手がけています。
「鉄骨階段Museum」では、部屋をつなぐだけではない、新たな階段の魅力を発見できるメディアとして、皆さんの暮らしに、彩りを添えられたらと思っております。