階段一筋70年専門メーカー監修【鉄骨階段Museum】 » 階段専門メーカーが教える 注文住宅における階段の知識と流行 » 階段の位置、幅や長さなどのポイント

階段の位置、幅や長さなどのポイント

更新日:2022/09/20

注文住宅では、間取りを考えるのが楽しい時間のひとつかもしれません。夢をたくさん詰め込んで間取りを考えるのも良いのですが、現実的に暮らしやすい間取りにするためにはポイントがあります。それは「階段」です。ここでは、間取りを決める上で階段をどのように考えればいいか解説します。

間取りを考える際のポイント

注文住宅の間取りを考えるときのポイントは、配置を決める順番です。失敗しがちな例としては、LDKを優先して配置を決め、そこからトイレやお風呂、玄関の配置を決める方法があります。広いLDKから配置してしまうと、動線が混乱しやすく、失敗しやすいです。

プロの設計士がどうするかというと、玄関と階段から配置を決めます。もちろん、設計士によって個性があったり、希望によっても違ったりしますが、階段の位置を先に決めると他の配置が決まりやすいです。

なるべく廊下などのスペースを減らしてコンパクトな設計にしたい場合は、2階の間取りを先に決めることもあります。その際も、階段の配置を先に決めることになるでしょう。

階段の配置が決まれば、間取りの7割は完成したようなもの。暮らしやすい間取りがスムーズに決まります。

階段のベストな位置とは

階段の配置がポイントだとなれば、そのベストポジションはどこなのかが気になるのではないでしょうか。コンパクトで使いやすい家にしたいなら、階段の位置は間取りの中央付近がおすすめです。

階段の位置が家の端っこにあると、2階の廊下スペースが広くなってしまい、無駄が発生してしまいます。コンパクトで効率の良い家にするなら、なるべく廊下のような共用スペースを減らすほうが良いでしょう。

家の中心に階段があれば、階段から2階の各部屋へ直接アクセスできる間取りが作れます。無駄な廊下スペースを作らずに済み、生活動線もスッキリするのでおすすめです。

幅や長さはどれくらい必要?

階段の幅や長さは、建築基準法で最低限が決まっています。階段幅は75cm以上、踏面(ふみづら)は15㎝以上、蹴上(けあげ)は23㎝以下です。これ以上コンパクトにはできません。

転倒のリスクを考えると、階段は緩やかにしたいという希望も多いです。緩やかにするポイントは、階段の段数。段数を増やすことで、階段が緩やかになります。標準的な設置面積の中で段数を増やすと急な階段になるため、階段全体の面積を増やした上で、段数を増やせば、段差を緩やかにできます。

踊り場、手すりの必要性

踊り場がない階段は、1階から2階へストレートに続くことになります。設置面積は最小限にできますが、足を踏み外した場合は、そこから1階まで転げ落ちてしまう可能性があり危険です。途中に踊り場があることで、踊り場までの落下で済みます。安全性を考えると、踊り場は必要と言えるでしょう。

また、手すりは、安全性の面から設置が義務化されています。2006年6月以降の建築物は階段手すりが必須です。ただし、高さ1m以内の部分は設置しなくても問題ありません。1m程度の高さであれば落下しても大きな危険はないからです。デザイン性を重視したい場合は、この1m以内の高さは手すり不要を活用すると良いでしょう。

Cooperation
取材協力
取材協力 取材協力
階段一筋70年
日本の高層ビル8割の階段を手掛ける
横森製作所

世界的にも珍しい鉄骨階段専門のメーカーとして、200メートルを超える日本の高層ビルの約8割(TOP50のうち41)で階段が採用される(※)など、階段の品質を高く評価されています。
その技術を住宅用にもいかんなく発揮し、デザイン性・耐久性に優れたフリーカスタマイズインテリア階段「システア」が開発されました。
階段の設置だけではなく、図面の正確性、階段設置における注意点など、使う人のことを考えた提案が多くの設計士・メーカーに愛されています。 ※参照元:横森製作所(https://www.yokomori.co.jp/about/)2022年4月11日調査時点

よく見られているページ
About this Media
鉄骨階段Museum
について

「そこにない未来を創る」をビジョンにIT事業と語学事業の提供を通じて、異なる文化や言語を持つたくさんの“人と人との出会いの場”を創出している全研本社株式会社。
その中の「レジデンス編集チーム」では、注文住宅をはじめ、皆さんの理想の暮らし・住まいを実現するためのコンテンツを多数手がけています。
「鉄骨階段Museum」では、部屋をつなぐだけではない、新たな階段の魅力を発見できるメディアとして、皆さんの暮らしに、彩りを添えられたらと思っております。