階段一筋70年専門メーカー監修【鉄骨階段Museum】 » 心躍る、気持ちアガる階段施工例・事例ギャラリー » 空間を楽しむ階段

空間を楽しむ階段

更新日:2022/10/18
目次
Table of Contents
空間を楽しむ階段
Space

大空間!リビングから見上げるスケルトン階段

天井高3.7mの開放的なリビングから、スクリーン格子越しに鉄骨階段を見上げることができ、リビングの白い壁と階段や格子の黒い線とが、心地の良いコントラストを生みだしています。

遊び心と上品さを兼ね備えた提案

「家づくりをもっと広く、もっと自由に。」をテーマに、空間のポテンシャルを引き出した住まいです。

インダストリアルな雰囲気と、上品さがハイレベルに共存。

落ち着いた雰囲気の中に、ホームシアターを楽しめる地下室や家庭菜園もできる屋上、小さな書斎コーナーがあるスキップフロア、階段脇のデッドスペースの防災備蓄倉庫など、空間を余すことなく利用するアイディアが満載です。

空間を楽しむ階段
空間を楽しむ階段
空間を楽しむ階段
空間を楽しむ階段

階段メーカーからのコメント

from Specialist
横森製作所より
固定するステンレスの塗装にまでこだわった階段

階段はスチール踏板を見せないシステアEXシリーズ、手すりはフラットバー+強化ガラスです。

木踏板は2階ホールの床に合わせ特注の染色単板貼りが採用されました。

手すりのガラスを固定するステンレスの金物を黒色で塗装するなど、細部にまでこだわった階段となっています。

この階段が見られる展示場

三菱地所ホーム オークラランドホームギャラリー

展示場の公式サイトへ

Cooperation
取材協力
取材協力 取材協力
階段一筋70年
日本の高層ビル8割の階段を手掛ける
横森製作所

世界的にも珍しい鉄骨階段専門のメーカーとして、200メートルを超える日本の高層ビルの約8割(TOP50のうち41)で階段が採用される(※)など、階段の品質を高く評価されています。
その技術を住宅用にもいかんなく発揮し、デザイン性・耐久性に優れたフリーカスタマイズインテリア階段「システア」が開発されました。
階段の設置だけではなく、図面の正確性、階段設置における注意点など、使う人のことを考えた提案が多くの設計士・メーカーに愛されています。 ※参照元:横森製作所(https://www.yokomori.co.jp/about/)2022年4月11日調査時点

よく見られているページ
About this Media
鉄骨階段Museum
について

「そこにない未来を創る」をビジョンにIT事業と語学事業の提供を通じて、異なる文化や言語を持つたくさんの“人と人との出会いの場”を創出している全研本社株式会社。
その中の「レジデンス編集チーム」では、注文住宅をはじめ、皆さんの理想の暮らし・住まいを実現するためのコンテンツを多数手がけています。
「鉄骨階段Museum」では、部屋をつなぐだけではない、新たな階段の魅力を発見できるメディアとして、皆さんの暮らしに、彩りを添えられたらと思っております。