階段一筋70年専門メーカー監修【鉄骨階段Museum】 » 階段専門メーカーが教える 注文住宅における階段の知識と流行 » ボックス階段(箱型階段)とは

ボックス階段(箱型階段)とは

更新日:2022/10/26

2階建以上の家を建てる場合には、階段を設置する必要があります。階段にもさまざまな種類がありますが、こちらのページでは「ボックス階段(箱型階段)」について紹介しています。ボックス階段とはどのようなものなのか、またメリットやデメリットなどをまとめました。

階段を設置するときに迷いがちな「ボックス階段にするか、オープンステアにするか」という悩みに対応できるように、それぞれの違いについても見ていくことにしましょう。

ボックス階段(箱型階段)とは

「ボックス階段」とは「箱型階段」とも呼ばれるもので、日本様式の住宅には古くから見られるタイプの階段です。ボックス階段は踏み板と踏み板を繋ぐための板(「蹴込み板」と呼ばれます)があり、その名前の通り箱を積み上げたような見た目の階段です。このタイプの階段では、階段下の空間を収納にもできますし、トイレの設置もできますので、空間を有効に活用できる点が特徴といえるでしょう。また、階段の大部分が壁の中に隠れることから作りやすく、比較的安価に設置が可能です。

ほかにも、視線が抜けるスペースを設けるのが難しいため圧迫感があるといった面もあります。この点に関する対策として、蹴込み板を白などの圧迫感のない色にしたり、手すりのデザインなどをおしゃれなものを選ぶといった工夫によってスタイリッシュなボックス階段にできるはずです。

ボックス階段のメリット

ボックス階段とすることにより、階段下の収納を作るなど空間を有効に使用できる点が大きなメリットといえるでしょう。この部分は床暖房のパイプスペースにしたり、掃除機の収納に使うこともできます。あまり人には見せたくないと感じるものを収納するのに適したスペースとして活用できるでしょう。

また、このボックス階段下のスペースをトイレの空間として使うというケースもあります。

ボックス階段のデメリット

ボックス階段は一般的に使われているタイプの階段となりますので、おしゃれ感を求める方には物足りなく感じる可能性もあります。また、壁に囲まれているため閉塞感がある点もデメリットのひとつといえますが、この問題は吹き抜けや窓などと一緒に設置することによって解決できる場合もあります。

さらに、踊り場を設けない場合には、もし滑って落ちてしまうと上から下まで落ちてしまうことがあるため、踊り場をつけたりコの字型に設置することがおすすめです。

ボックス階段(箱型階段)とオープンステアの比較

家を建てる際などに階段を設置するとなった場合、「ボックス階段(箱型階段)」と「オープンステア」のどちらにするか悩む人は多いようです。そこで、この2つのタイプを比較してみましょう。

まず、リビング階段を簡単に実現したいと考えている場合にはオープンステアがおすすめです。これは、オープンステアのタイプは開放感があり、圧迫感が少なくなるためです。ボックス階段でもリビング階段を実現できないというわけではありませんが、オープンステアの方が自然な仕上がりとなります。

上記に対して、ボックス階段の場合には階段パターンを選べるというメリットがあります。例えば「コの字型」「踊り場の有無」などのバリエーションを選べますので、「コの字型で踊り場を設ける」といった形にして階段の上から下まで落ちるリスクを軽減する、といったことができます。それに対し、オープンステアの場合にはストレート階段となるケースが多いといった違いがあります。

このように、ボックス階段とオープンステアそれぞれの特徴を比較しながら選ぶことが大切です。

Cooperation
取材協力
取材協力 取材協力
階段一筋70年
日本の高層ビル8割の階段を手掛ける
横森製作所

世界的にも珍しい鉄骨階段専門のメーカーとして、200メートルを超える日本の高層ビルの約8割(TOP50のうち41)で階段が採用される(※)など、階段の品質を高く評価されています。
その技術を住宅用にもいかんなく発揮し、デザイン性・耐久性に優れたフリーカスタマイズインテリア階段「システア」が開発されました。
階段の設置だけではなく、図面の正確性、階段設置における注意点など、使う人のことを考えた提案が多くの設計士・メーカーに愛されています。 ※参照元:横森製作所(https://www.yokomori.co.jp/about/)2022年4月11日調査時点

よく見られているページ
About this Media
鉄骨階段Museum
について

「そこにない未来を創る」をビジョンにIT事業と語学事業の提供を通じて、異なる文化や言語を持つたくさんの“人と人との出会いの場”を創出している全研本社株式会社。
その中の「レジデンス編集チーム」では、注文住宅をはじめ、皆さんの理想の暮らし・住まいを実現するためのコンテンツを多数手がけています。
「鉄骨階段Museum」では、部屋をつなぐだけではない、新たな階段の魅力を発見できるメディアとして、皆さんの暮らしに、彩りを添えられたらと思っております。