階段一筋70年専門メーカー監修【鉄骨階段Museum】 » 階段専門メーカーが教える 注文住宅における階段の知識と流行 » リビング階段のメリットとデメリットは?

リビング階段のメリットとデメリットは?

更新日:2022/11/16

こちらの記事では、注文住宅を建てる場合に検討したい「リビング階段」について紹介していきます。リビング階段を設置する場合、メリットとデメリットの両面を知った上で設置するかどうかを検討すると良いでしょう。そして、リビング階段を採用する場合にはどこの場所に設置するかも重要なポイントとなってきます。

ぜひこちらの記事を参考にして、快適な間取りを考えてみてください。

リビング階段のメリット

リビングを広く見せることができる

まず、リビング階段のメリットの一つ目として「リビングを広く見せられる」という点が挙げられます。階段をリビングの中に取り込むことで視覚効果によってリビングが広く見えるため、もしリビングが狭い場合には特に効果的であるといえるでしょう。

また、リビングが狭い場合には特に吹き抜けと組み合わせることによって、より部屋を広く明るく見せられます。

家族間のコミュニケーションが取りやすくなる

リビングに階段を設置した場合には、2階に部屋がある場合にも必ずリビングを通ることになります。

特に子ども部屋を2階に設置する場合には、家に帰って来て必ずリビングを通って自分の部屋に上がる形になるため、家族同士が自然に顔を合わせるという形になります。

このような形であれば日常的に声をかけやすくなりますし、2階に子どもがいる場合でもリビングから簡単に声を掛けられるため、コミュニケーションが取りやすくなるという点においてメリットがあるといえます。

階段の下の空間を有効活用できる

階段の下には必ず空間ができますが、リビングに階段を設置した場合にはその空間を収納スペースとしたり、テレビボードを置いたりして有効に活用できる、というメリットがあります。

また、キッズスペースを設ける、書斎コーナーを設けるといった使い方のほかにも、大切なペットのための空間として使うこともできるでしょう。それぞれのニーズに応じて空間を活用できるのも、リビング階段を設置するメリットのひとつといえます。

リビング階段のデメリット

冷暖房が効きにくくなる

リビング階段のデメリットとして挙げられるのが、空調が効きにくくなるという点です。

例えば暖かい空気は上にのぼる性質があります。寒い時期に1階で暖房を使ってもあたためられた空気が上にのぼってしまうためになかなか1階があたたまらない、ということが起きてしまいます。

そのため、家の断熱性能を気密性能について重視したり、シーリングファンやサーキュレーターなどをうまく使って部屋の空気を循環させることで、快適な室温にする工夫が必要になってきます。

においが伝わりやすい

リビング階段を設置した場合には、例えば料理をしているにおいが2階に伝わりやすくなる、という点もデメリットのひとつといわれています。

においの対策としては、例えばリビング階段をキッチンから離した位置に設置する、窓の配置を工夫することによってしっかりと換気行える設計にして、においが伝わるのを防ぐといった方法が考えられます。

各自のプライバシーを確保しにくくなる

リビング階段は、コミュニケーションが取りやすくなる反面、各自のプライバシーを確保しにくくなるといった面もあります。

例えばリビングにお客さまが来ている場合には、他の家族が外出したいと思ったとしても必ずリビングを通らなければいけないため、お客さまに気を使ってしまったりするケースもあるでしょう。

このデメリットに対しては、リビング階段の設置場所によって解決できる場合もあります。例として、リビング階段をリビングの出入り口近くに設置した場合には、リビングを通る時間を少なくできます。このようにすればお客様が来ていたとしてもあまり気を遣わずにリビングを通ることができるでしょう。

Cooperation
取材協力
取材協力 取材協力
階段一筋70年
日本の高層ビル8割の階段を手掛ける
横森製作所

世界的にも珍しい鉄骨階段専門のメーカーとして、200メートルを超える日本の高層ビルの約8割(TOP50のうち41)で階段が採用される(※)など、階段の品質を高く評価されています。
その技術を住宅用にもいかんなく発揮し、デザイン性・耐久性に優れたフリーカスタマイズインテリア階段「システア」が開発されました。
階段の設置だけではなく、図面の正確性、階段設置における注意点など、使う人のことを考えた提案が多くの設計士・メーカーに愛されています。 ※参照元:横森製作所(https://www.yokomori.co.jp/about/)2022年4月11日調査時点

よく見られているページ
About this Media
鉄骨階段Museum
について

「そこにない未来を創る」をビジョンにIT事業と語学事業の提供を通じて、異なる文化や言語を持つたくさんの“人と人との出会いの場”を創出している全研本社株式会社。
その中の「レジデンス編集チーム」では、注文住宅をはじめ、皆さんの理想の暮らし・住まいを実現するためのコンテンツを多数手がけています。
「鉄骨階段Museum」では、部屋をつなぐだけではない、新たな階段の魅力を発見できるメディアとして、皆さんの暮らしに、彩りを添えられたらと思っております。